toggle
2016-11-22

ホログラム+作業風景

未だにビックリマンを大切に持ち続けています、専務の森川です。
ホロ=ビックリマン。単純ですな(笑)

今日は先日撮影した加工作業の風景を、ご覧くださいませ。


実はバインダーにする予定

トップの写真は合紙が終わったもの。
来年の見積書を綴じるバインダーにしようと思いまして。
なんかおもろい紙はないかなぁと。倉庫にありました!
ということでホログラムバインダー製作中(笑)

作業風景

今時動画でアップすりゃいいんじゃないって声も聞こえてきそうですが。
まぁ連続写真で。

ときどきお伝えしますが
弊社は職人の手の感覚で貼り合せ加工をしております。
「おもて」と「うら」の見当もこの手の感覚で作業しています。
信じがたいですが、そうなんです(笑)

時には機械よりも正確に!

ちなみにこういった加工方法じゃなきゃ
できないサイズや仕様なんかもあったりして
同業=合紙屋さんの案件もお手伝いさせていただいておりますよ。

ノリのロールを通ってノリを塗布します。
今回は同じ紙ですが手前がおもて用の紙です。
奥(次に出てきた紙)がうら用です。


まず、うら用の紙に芯材をのせます。


次におもての紙を…


ひっくり


返して


(薄いから、カールしますね )


浮かないように抑えて


ロールで仮押さえ。
プレス機でもう一度仕上げに重しをかけて…

完成っす。

あとは断裁機でカットして、
四方を角丸機でおとして、穴あけ、筋押し
金具付けでバインダーの出来上がり!
(ただ、金曜日からいまだ手付かず・笑)
大学時代の友人はこの完成品にビックリマンを綴じてくれるとのこと。
(ワンピースのやつかな)N君しばしお待ちを〜。

今日のポイント

職人(ヒト)の手の感覚って機械以上のことができるのです!
A4サイズ(はがき4面)の2枚合紙:1万枚通しも1~2日で加工します。
普通の貼り合わせからちょっと変わった貼り合わせまで。

株式会社モリカワ
専務:森川聡宏

ウ ェ ブ :http://morikawa-paper.jp/
       http://morikawa-paper.jp/wp/
プリント:http://mo-printer.tumblr.com/
製 作 例 :http://mo-products.tumblr.com/
メ ー ル :info@morikawa-paper.jp


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA